カフェで役立つ知識|将来の夢を叶える選択肢の一つ|バリスタ専門学校で基礎から学ぶ

将来の夢を叶える選択肢の一つ|バリスタ専門学校で基礎から学ぶ

カフェで役立つ知識

バリスタ

コーヒーといってもその種類はさまざまあり、淹れ方にも知識が必要です。このためカフェなどメニューにコーヒーを扱うお店で働く時にはコーヒーに関する知識があれば役立てることができます。この知識を学ぶことができ、またその知識を証明することができるのが資格です。資格といっても国家資格ではなく民間資格になりますが、十分な知識を学ぶことができますし、また資格を持っていることで客観的に証明することができます。現在、コーヒー関連の資格認定を行っているのは日本安全食料料理協会、日本バリスタ協会、スペシャルティコーヒー協会、全日本コーヒー商工組合連合会の4者が行っているものがあり、それぞれ目的に応じたカリキュラムが用意されており必要な知識を身につけることができます。

資格の種類は複数ありますが、人気のものとしては、日本安全食料料理協会が行っているコーヒーソムリエやカフェオーナースペシャリストの2つがあります。いずれも必要な知識を有することを目的にしたもので、カフェオーナースペシャリストでは、カフェオーナーに必要な高度な知識を学ぶことができます。一方で日本バリスタ協会が認定しているバリスタライセンスは、JBA認定でバリスタになるための知識を得ることができます。バリスタはイタリアで客からの注文を受けてエスプレッソなどのコーヒーを入れる人物のことであり、より美味しいコーヒーやそれらに必要な知識を知ることができます。いずれにしても、コーヒー関連の資格を有することで専門性のあるお店への就職や転職などに有利です。