流行りの運営|将来の夢を叶える選択肢の一つ|バリスタ専門学校で基礎から学ぶ

将来の夢を叶える選択肢の一つ|バリスタ専門学校で基礎から学ぶ

流行りの運営

コーヒー

様々な分野の学び

カフェブームの影響から、専門学校でのカリキュラムにカフェについて学べる内容が盛り込まれるようになりました。スクールでの教育を受けることによって、コーヒー・ドリンク類、調理や運営に関する一通りの知識や技術などのスキルを修得できる利点が得られます。またスクールには共通の目標を持つ学生との出会いがあり、仲間同士でカフェ経営するパターンもあるほどです。カフェスクールでは、空間までトータルで考えているケースも多く、育成が主な目的となっています。女性には、パティシエ・ブランジェなどの軽食を視野に入れた学部が人気で、逆に男性からはバリスタの道へも進めるコーヒーやドリンク系の学部が人気です。また、カフェで働く場合やオーナーになりたいなど、どの分野でも食に関わるコーディネーターの資格は持っておくだけで有利に働くため評価されています。若い世代だけではなく、社会人もセカンドライフプランを視野に入れ、運営まで学べるスクール通いするパターンも増え始めています。

専門学校に通う意味

カフェを始めたい人の割合も年々増えていて、知識やスキルを修得できる認可校となるスクール自体も増加傾向にあります。最近では、調理・料理の専門学校においてもニーズの高まりから、学科・専攻での教育を提供するなど、食の専門学校での学びも話題を集めています。主に大都市に多く、地方ではカフェ専門となるスクールや学科は意外とまだ少ないのも実情です。カフェに関する全てのことを学ぶことは難しくなる他、運営にも関わってきます。専門学校やカフェスクール以外には、実店舗で働きながら学ぶ方法も挙げられます。オペレーションを学ぶことによってノウハウを培うケースも実例としてあるものの、ある程度のカフェ知識を持つことが前提です。知識不足ではスクール通いの方が学ぶ時間も短縮され、目標への近道にもなります。