日本伝統の料理|将来の夢を叶える選択肢の一つ|バリスタ専門学校で基礎から学ぶ

将来の夢を叶える選択肢の一つ|バリスタ専門学校で基礎から学ぶ

日本伝統の料理

お寿司

弟子入りが難しいなら

テレビドラマや漫画などでは、寿司を立派に握れるようになるには、お店に弟子入りをして何年も修行をおこなわなければいけない描写があります。辛く厳しい修行の描写を見たせいで、寿司職人になる夢を諦めてしまった方もいるでしょう。確かに、寿司を握ることは日本の伝統技術のため、かなりの技術を必要とするので、腕のある職人から習うのが良いとされています。しかし、技術を習う前の見習いの行程が長すぎるのは、早く活躍をしたい方にはかなりの問題となるでしょう。それならば、寿司の技術を教えてくれる専門学校がありますので、そちらで日本の伝統技術を習ってしまいましょう。寿司という分野での利用は躊躇するかもしれませんが、伝統的なフランス料理やイタリア料理にだって専門学校はあるのですから気にする必要はありません。

弟子入りとの比較

寿司の専門学校では一流の講師が技術を教えてくれますので、お店への弟子入りと迷っているならば、ホームページなどにある講師の紹介を読んでみましょう。専門学校によっては、かなりの経歴をもつ寿司職人が在籍しているため、弟子入りするよりも素晴らしい師匠に巡り会えるかもしれません。なお、長期の場合は年単位の通学となりますが、数ヶ月で技術を学べる専門学校も用意されています。ただし、それぞれにメリットとデメリットがありますので、しっかりと調べてから、長期と短期のどちらで寿司を習うかを選びましましょう。習える技術は卒業後の進路に直結しますので、将来にやりたいことがあるのなら、きちんとすべてを把握してから決断することが大事です。