将来の夢を叶える選択肢の一つ|バリスタ専門学校で基礎から学ぶ

コーヒーを本格的に学ぶ

バリスタ

本格的なものをより好む

コーヒーを好む人が増えています。自動販売機で毎日缶コーヒーを飲む人やコンビニで本格的なコーヒーを安く手軽に飲むことができるようになっています。以前はおいしいコーヒーを飲むには喫茶店が主流だったのが、今では世界的に有名な専門店が全国展開する時代となっています。挽きたてのコーヒーが飲めるだけでなく好みの味に仕上げることができます。自宅でも簡単にドリップコーヒーが楽しめたり、豆からこだわりをもって挽きたての香りや味を楽しむ人も増えています。インスタントでも単なる粉を溶かすだけでなく、カプセルタイプの新鮮なコーヒーを専門マシーンで簡単に飲むことができます。それだけでなくコーヒーに興味を持つ人が増えているのです。

学校で学べる

専門店のような本格的なコーヒーをいれるにはそれなりの修業が必要です。知識や技術を習得したい人はバリスタの専門学校があります。多くの人が興味を持っているのでバリスタの専門学校は社会人でも学ぶことができます。日本バリスタ協会の資格を取るための勉強をすることができます。自分でおいしいコーヒーを飲みたい人や専門店を開業したい人などあらゆるニーズに合わせたコースがあります。バリスタ専門学校は専門的な知識の習得だけでなく即戦力で活躍できるように十分な実習時間があります。デザートやケータリングなどに合わせたメニュー作りも学べます。お店の開業から企業への就職サポートもあります。2年制の専門学校だけでなく週1日から学ぶことができます。

日本伝統の料理

お寿司

寿司はお店に弟子入りしなければ技術を学べないと思われがちですが、現在では誰でも入学できる寿司のための専門学校が存在しています。弟子入りよりも早く活躍できますので、興味があるなら通学年数や講師について調べてみましょう。

流行りの運営

コーヒー

昨今のカフェブームによって、経営のみならず、カフェでの食やインテリア、接客などまでが学べる専門のスクールは人気を高めています。様々な学部が展開されているのが特徴で、バリスタなどの人材を育成したり、パンやスイーツなどのカフェメニューに特化した学びも人気です。

カフェで役立つ知識

バリスタ

コーヒーは世界的にも飲まれている嗜好品で、飲食店や喫茶店、カフェから専門店まであらゆる場所で提供されています。このためコーヒーに関する知識を学べる資格も多くあります。民間資格ですがコーヒー関連の資格を有することでそれらを取り扱うお店への就職や転職に有利です。